掲示板

利用規定
  • コミュニケーションの場として、お気軽にご利用下さい。
  • 誹謗中傷・不平不満など不適切な記載はご遠慮下さい。
  • モンキーズメンバーが記載する際は、ハンドルネームの前に背番号を記載して下さい。ex.)#30テディ
新規コメントはこちらから
掲示板” への1件のコメント
  1. #31 トモ より:

    現在、我がチームでは、チームの更なる発展と戦力アップのため、新メンバーの募集を行っております。
    そこで、2018年11月18日(日)に体験会を開催いたします。
    チームを探している方は、この機会に是非ご参加下さい!見学のみも可能です。

    ■日時:2018年11月18日(日)09時〜11時
    ■場所:金井公園

    皆様の参加をお待ちしております。
    参加をご希望される方は、お手数おかけしますが
    ホームページの「お問合せ」ページからご一報ください。

  2. #24 メンタル より:

    5月20日 KNLリーグ戦 VSドリームキャッツ

    前日に猛暑の中、横浜市民大会があり身体ボロボロで満身創痍で試合に向かうお猿メンバー。
    人数の関係で半年ぶりに試合に出る宴会部長(監督)は肩が軽いと試合前から舌が回る。

    そんな中相手は強敵ドリームキャッツ。

    森、長澤の30分の遅刻により猿ベンチ悪運漂う…。

    先発は肩の故障から復活した男雛形。
    雛形は力投するも味方のエラーで先制点を許してしまう。

    追いかける猿軍団だが相手投手の伸びるストレートと消えるスライダーに対応できずに0が続く。

    雛形はランナーを出すも自画自賛のチェンジアップを織り交ぜながら相手打線に追加点を与えないピッチングを続ける。

    4回、力投を続けてきた雛形の値千金のタイムリーヒットにより猿同点に追いつく。

    その後、守備力最低ランクのレフトのエラー(僕です)でピンチを招き、勝ち越し点を与え、その後もわちゃわちゃして点数を取られ結果的に敗戦。

    守備の連携、バッティングなどたくさんの課題が出た試合でした。

    再来週には横浜市民大会が控えているのでしっかり課題克服に努めていきます。

    ☆即戦力投手大募集中です(°▽°)

    以上メンタルからでした。

  3. #1ライザップ より:

    5月9日(土) 新杉田公園
    横浜市民大会 VS京三製作所

    じめじめした気温で汗が止まらない5月とは思えない暑さで迎えた横浜市民大会初戦。

    先発の南課長は1回の表、先頭打者へのデッドボールと味方のミスでピンチを背負うも無失点に抑える。
    その裏モンキーズの攻撃。
    2番松島さんが接待ゴルフで鍛えた、アプローチのようなセンター前ヒットで出塁する。
    今日はこのアプローチヒットが鍵になることになる。
    続く3番のキャップが技術がたくさん詰まったホームランを放ち2点を先制。幸先がよろしい。
    さらにモンキーズは3回の攻撃でも、パパになりますます打撃に磨きがかかった郷ウルジの見事なエンドランヒットや、南課長の自分を楽にするタイムリーヒットなどで3点を取る。
    コールドペースの試合。
    しかし、その後なかなか点を取れず嫌な予感がしていく。
    相手打線を順調に抑えていた南課長だが、足をつるハプニングで、制球が定まらなくなる。その後、ジョーがマウンドに上がるもエラーやタイムリーヒットなどで5回.6回.7回と
    後半に点を取られ、逆転を許す。
    最終回の攻撃、同点では抽選による勝負になってしまうため2点を取りにいく。
    モンキーズはつなぎの野球で四球を選び、1死満塁の場面を作る。
    ここで、今日一日慣れない監督としてサインを出していた片山さんが代打として打席に立つ。ここはチームの為そして奥さんの為に打って欲しい。というか、決めてしまえカティー!といった流れだったが、まさかのセカンドへのインフィールドフライ。(帰りの車で説教があったらしいとのこと)
    続く長澤が押し出しを選び同点。
    そして、松島さんがライト前へのアプローチヒットでサヨナラ勝ち。
    課題がたくさんあるモンキーズ。
    もう一つ上のレベルへ向けて頑張っていきます

  4. #18 鉄腕 より:

    4月1日 霧ヶ丘ドリーマーズ

    先週パナに延長タイブレークで負けてしまった猿軍団。
    今日はその悔しさを晴らすべく、やる気満々なベテたち。若手がグランドに到着するとすでにユニホームで素振りをしているベテが。これは期待できそうだ。

    いつも通りのアップをこなし、準備万端。
    試合開始直後、なっさーこと長澤がライトを超えるホームランを放つ。入ると思いませんでした。
    これはこの試合荒れるのではないか、という雰囲気を醸し出すベンチ。
    その予感は的中する。先週のダブルヘッダーで良いところが無かった3番ベテ(藤村)がホームランをカチこむ。先週やってよーという声しかあがらないベンチ。
    しかしまだこれでは終わらない。ツーアウトから5番ゴーリョージがセンターにヒットを放ち、6番新シャカ(カイヤ)がまさかまさかのレフトにホームラン。あっという間に4点を先取。まだ初回ですよ。

    その後も攻撃は荒れます。
    2回、ミスターこと長島が内野安打で出塁すると、うるせー斎がまさかのセンターオーバースリーベース。
    そんなの打てたんだ。
    と思ってたら本日2本目のホームラン打っちゃったベテ(藤村)。だからそれ先週やってよーーしか出てこないベンチ。

    その後も相手のミスも絡めながら、コツコツ得点を重ね終わってみると11得点。
    守備が硬いチームにはこのようにいかないことは先週の市大会で痛感したはず。
    細かい攻撃もこれから多く取り入れ、本番一発で決められる確実性を求めていきたいところ。

    守備は先発の新米ジョーが好投。
    ストレートがストライクゾーンにまとまり、打たせてとるスタイルで1安打?2安打?かで7回完封。
    今後に期待できる内容でした。
    飯食って良いストレート投げれるように身体でかくしていこう。
    てなわけで終わってみると11対0で勝利。

    先週、県大会を目前に負けを喫した猿軍団だが、この負けをどのように反省し、次に活かしていくかこれが大事。
    今後の猿に期待していきたい。

  5. #28 骨弱 より:

    4月8日 本牧市民球場
    VS RUSH KNLリーグ

    今年もやって参りました。KNLリーグ開幕です!そしてその初戦の相手はRUSHさん。黒猿先発はジョーがマウンドへ!

    一回黒猿の攻撃。片山のヒットで先制!
    しかしその裏先頭打者に投じた3球目を軽々とライトスタンドへ運ばれ同点。
    その後ファーボール等も絡みこの回5点。
    まだまだ悪夢は終わらない。2回には一生懸命立ち直ろうとしているジョーの足をバックが引っ張る。大友のエラーを皮切りに海谷も続く。長澤の判断ミス等もありこの回4点。
    ここでベテラン滝澤がマウンドへ。最近エースの貫禄を見せている滝澤はその後RUSH打線を無失点に抑える!ナイスピッチング!
    8点を追う黒猿軍団は後半打線がつながるも6点が限界。時間切れで7対9で敗戦。

    今日の敗因は間違いなくエラー!まだまだ練習が足りないね。攻撃ではバントミスがなく非常にいい攻撃ができていたので継続していきやしょう!

  6. #15マヨ より:

    2018 3月24日 岸根公園 VS Panasonic横浜

    郷売治さんからおにぎりを頂きお腹いっぱい
    ダブルヘッダー2試合目に向かう猿メンバー。

    先発は本日2度目の滝沢。(午前9イニング130球完投)です。1961年中日の『権藤.権藤.雨.権藤』に迫る昭和投法です。

    初回から飛ばまくりの四球&死球のドMスタートの滝沢さんですが、尻上がりに(合計200球)を超えたあたりから調子を上げ、相手のミスもありながら6回まで無失点。あっぱれ!

    一方で、お猿の攻撃陣は5回、片山(嫁○)のツーベース→長澤のヒットで1点を先制!!
    しかしヒットご無沙汰になり追加点無し。

    滝沢は7回、大好き四球&死球でピンチを招きく。1.3塁ダブルスチールをされ、カットに入った松島の送球エラーで1点を献上。久々ピンチ顔。その後なんとか踏ん張る。

    その後両チーム動きがなく9回裏猿の攻撃。
    先頭長濱が痛む足にムチを打ちツーベース。
    無死2塁サヨナラのチャンスを作るも、、
    代打栗林バントミス→郷、片山も決定打を欠きサヨナラのチャンスを逃す。地獄です。

    10回表タイブレーク
    流石に疲れの見えた滝沢。WP、押し出しで失点。最後は相手4番打者にガツンと打たれ4失点。

    その裏追い掛ける猿は
    先頭の代打ポパイはしょっぱい内野ゴロ、、代打攻勢も続かずタイブレークでまさかの無失点。
    取りきれないところが課題です。

    滝沢さん約300球お疲れ様でした。
    収穫課題も共々ありますが次に繋がる試合でした。
    新加入のサイムカイとカイヤの日暮里体育大学コンビのガヤ、タカヒロの活躍など若い力も多少出て来たかと思われます。
    この雰囲気で次戦も元気良く戦いましょう!!!

    P.S.
    北村のおメンディーさんが
    本日で引退しました。惜しまれなく引退していきました。指導者として良い選手を猿に頼みますね!!お疲れ様でした。

    監督さんピッチャーの補強お願い致します!!

  7. #1ライザップ より:

    2017.3.24.vsJXエネオス横浜
    岸根公園 天皇腸杯
    今回は猿スポデビューさせてもらいます、パーフェクトボディー目指すライザップ長澤が試合の模様をお伝えします。

    エネオスさんに勝ち、午後からの二試合目に勝てば県大会が決まるダブルヘッター覚悟の土曜日。試合前からおじさん、若者もロキソニン様に頼りながら身体を騙して試合に挑む。

    先行のモンキーズは、味のある相手投手の打てそうで打てないたまに打ちとられる。これが投球術か。

    守備につくモンキーズの先発は、「今日は18イニング行きます」と気合い十分のタッキー。しかし、相手の3番バッターにまさに”打ったしゅん”のホームランを打たれ先制を許す。利根さんのこうゆうホームラン見たいな、、、、

    4回の表、モンキーズの攻撃。先頭の”ミスター岸根公園”のキャップがセンター前ヒットで出塁。バントで送り打席には、モンゴル力士
    のゴウウルジ。バッテイング技術と鍛え上げた二の腕で放った打球は痛烈に一塁線を抜き同点タイムリー。勉強になります

    その後チャンスを作りつつも得点することできずに迎えた終盤の7回表。
    今日が引退試合。お洒落なライパチがセンター前にポトリと落とす。バントで送り、打席にはここ最近野球しかやってないライザップ長澤。前日まで硬式用のVコンを振っていたため、ビヨンドが軽い軽い。
    ファーストストライクを振り抜き右中間へのタイムリースリーベースで逆転。

    しかしこのまま簡単に行かせてくれないエネオスさん。チャンスを作り、1試合目はロキソニン様の飲み過ぎなのか眠りながら試合をしていたダンケシェン藤村のエラーで同点に追いかれる。

    だか、しかし今日のモンキーズはここからが強い。

    8回先頭で出塁したキャップを一塁に置き、ポパイさんのキャッチャー前のバントを相手の捕手の反則的な2塁への送球で2塁封殺されるも、ここで代走に栗さん。前日の雨でぬかるんだグランドをものともしないスタートダッシュでワイルドピッチの間に2塁へ。ここで打席には合宿の鬼のロングティーで腰を痛めるも、復活した大友さん。打った本人が笑ってしまうようなセンターへのポテンヒットで勝ち越し。
    さらに9回にもキャップのしぶいセンターへのポテンヒットで追加点。

    最終回の守り。
    ピンチを背負うも、合宿で鍛え上げた2塁への牽制でランナーを刺しゲームセット!!

    タッキーは安定の尻上がりの投球で見事に完投。次の試合も頼みます。

    斎&海谷コンビを筆頭にベンチの雰囲気もよく、見事なナイスゲーム。あとはショートの方が起きるだけ。

    行くぞ県大会!!!!!!!!
    どやさっ!!

  8. #8 メンディー より:

    2018.3.11
    vsベアーズ(町田1部)
    @野島公園 

    記念すべき2018シーズン緒戦を記事にさせていただきますは引退間際のおメンディー。

    寒空の下、練習を重ね、しいては合宿も先週無事に終えたモンキーズメンバー
    やっとの思いで今シーズン初めてのオープン戦に挑む。

    相手は毎年恒例となりつつある町田一部のベアーズ

    1回表
    モンキーズは、期待の若手1.2番コンビで挑むもあっさり凡退。女にうつつ抜かしてる暇ないよ。
    しかしさすがは猿の中心軸、3番藤村の手本となるセンター前ヒットからの盗塁で得点圏に。
    4番キャップの相手のエラーを誘う内野ゴロの間に先取点を挙げる。「フジムラ出れば帰る説」は健在。

    その裏のベアーズの攻撃。
    Ⅿ球に未だ対応しきれないモンキーズは守備がなかなかかみ合わず、先発の滝澤も得意の滝澤あるあるの四球でランナーを溜めてしまう。
    満塁から連打を浴び、あっさり逆転されてしまう。初回終わって1-2と劣勢の猿軍団。

    3回表
    追いつきたい猿は、この日好調、親父は校長の藤村がライトへヒット。俊足を生かし二塁打に。
    続くキャップの大飛球は、野島の強風が反抗期でレフトフライに倒れる。

    しかし、ここでこの男の登場である。
    仏教の一派である禅宗開祖の達磨の坐禅姿を模した置物、または玩具。現在では禅宗のみならず宗教、宗派を超え
    縁起物として広く親しまれている。(引用:wikipedia)
    そう、「だるま」である。

    この日のだるまはすごかった。
    だるまさんが転んだなんて騒ぎではない。とにかく転がる。飽きるぐらい転がる。守備つきゃ転がる。

    そのだるまさんがレフトオーバーのタイムリーヒットで同点に!
    (そのまま二塁でだるま落としくらう)

    4回裏
    同点に追いついた猿軍団は、4回の守備。先頭の、6番にヒットを許し、7番のゲッツー崩れの間に打者ランナーが得点圏に。
    続く8番のファーストゴロ!やっぱり今日はだるまの日!だるまさんが転んでる間に1点を許す。
    その後もタイムリーが出て、この回2失点。2-4とまたも猿劣勢のゲーム。

    6回表
    最終回の猿の攻撃
    2点を追う猿は、先頭のキャップがレフト前で出塁。続く北村も引退寸前のポテンヒット。
    ここでバッターボックスには、本日初参加のさいむかい!苗字がさいで、名前がむかい。。。。むねあきらか!
    実は仙台育英で#2を背負っていたこの男。絶妙なサードへのコロコロバントを魅せ満塁にチャンス拡大。
    今年もやっぱり最終回まくりの猿か!?と思わせるも、後続が倒れゲームセット。

    2018初戦は、惜しくも2-4で敗れた。

    天皇杯の相手も決まり、いよいよシーズンも始まったモンキーズ。
    今年こそ県大会出場を目標に、声を枯らすほどの勢いで戦っていきたい。

    いきたい。。いきたい。。きたい。。kたい。。たい。。。タイ。

    アオカンダイマイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  9. #26 ミート より:

    2017.12.02 VS すがクラブ
    @新杉田公園 国体予選

    すでにトップで結果出てますが、12月2日に行われた国体予選 すがクラブ戦の模様をお伝え致します。

    モンキーズはあえて、慣れた先行を選択。決してじゃんけんに勝てないからではない。

    この日の投手はドM男のタッキー&翼。
    いつものように、初回からブンブン飛ばして二連続死球からの四球であっという間に満塁に。
    二死を取りつつも、まだ初回の出来事。
    しかし、ここもいつものように六番打者を二ゴロに打ち取り初回を切り抜ける。

    徐々にエンジンが掛かってきたのか、四回~六回までは連続三者凡退で安定感のあるピッチングを展開する。

    ここまで踏ん張りを見せるタッキーに打者も応えたいが、相手投手の外の出し入れ、スライダー、シンカーと
    多彩な投球にチャンスを作ることに苦労した。
    四回、走者三塁でのエンドランに失敗。チャンスを行かせず無失点に。
    五回には先頭打者 豆のでん六が中安打を放つと、しれっと二塁へ。絶好のチャンスである。
    と思いきや、そこはやっぱりでん六。
    ピッチャーゴロで地獄走塁の飛び出し。地獄過ぎて相手投手もびっくりしてた。
    全然笑えない状況で、「出ちゃった( ^ω^ )」とかで、見事にチャンスを潰してしまう。
    二塁走者の走塁は冬合宿の宿題にしようか。

    そんなこんなでタッキーを援護できず。

    試合が動いたのは七回。
    先頭打者の出塁を許すと、犠打で二塁への進塁を許す。
    続く二番打者から三振を奪うも、三番打者のテキサスの間に二塁走者が帰還。
    お猿、このタイミングで先制点を奪われてしまう。

    この一点が決勝点となり、0-1でモンキーズは敗退。
    一応、三位という成績でしたが、この試合に勝たなければ意味が無かった。。。
    栃木かどっかのプリケツピンクがおめでとうとか言ってきたけど、めでたくは雰囲気だったかな。
    でもコメントは嬉しす。さんきゅ。

    大きい大会は今シーズンはこれで最後となりました。
    来シーズンこそは、この雪辱を晴らすべく、冬の間にしっかりと準備しましょう。

    以上

  10. #15マヨ より:

    11月26日 瀬谷本郷 vsレブリミット

    サルスポ見習い記者の私が試用期間
    最後の投稿です。成長させて頂いた松島、栗林先輩には感謝です。

    さて先発は南課長。(猿ピッチャーいません)
    繋ぐピッチャーがいない中、南劇場開幕かと思われたが初回を四球1つにまとめ上げる。

    猿は1番に入ったタカヒロの先頭打者ホームランで先制!

    課長、2回も四球1つの抜群の安定感。無失点。

    その裏、珍しく大友海谷栗林の連続ヒットで1点を取る。

    課長3回三者凡退。3回裏課長のヒットなどが繋がりもう1得点!いい感じ。

    5回から南劇場開演です。
    このイニング3四死球で1失点。
    6回引き継ぎ3四死球で1失点。
    南課長。6回101球10四死球2失点にまとめ上げ降板。安定感抜群です。

    7回猿の攻撃は下位打線奇跡の連続ヒットでチャンスを作り郷などが返し
    3得点。

    お猿地獄ワールドの始まりです、、
    ヒット→fc→エラー→エラーで2失点。
    初登板の雛形さんすみません、、。

    その後、両者得点なしで試合終了。
    6-5で勝利!!

    打撃面では収穫があった試合でしたが守備がイマイチでした。

    冬の課題にしましょう!!

    • #30 テディ より:

      見習い!しっかりしろ!

      タカヒロは3ベース&1エラー。
      雛形は初登板じゃないよ。

コメントをどうぞ